***

Let's TRY! コミュニケーションマナー講座

コミュニケーションマナー講座

コミュニケーションマナー講座

お客さまを待たせた後に、再び話し始める時には
「お待たせ」することが終わったことになるので、
「いたしました」と完了形でお伝えしましょう。

「(待たせて)いる」の謙譲語「おる」をつかいたくなるところですが、
「お待たせしております」だと現在進行形なので
「お待たせをしている最中」という意味になります。

お客さまからしてみると、
またすぐに待たされることがあるのかしら? 確認の途中なの?
という気持ちになってしまいますね。

(待たせている間につかう場合には適しています。
例:「お待たせしております。ただいま担当の者におつなぎいたしますので、
恐れ入りますがもう少々お待ちください」)

お待たせし終わったのか、それともまだお待たせ中なのか。
つかい分けてお客さまに状況を正しくお伝えしましょう。

講師からひとこと

「~おります」は相手に対してへりくだった表現なので、今回のように待たせてしまった場合などは、恐縮した気持ちからつかってしまいがち。確かに丁寧ですが、「し終わった」ことにはつかいません。日本語は難しいですね。

他のマナー講座を見る

Lessen #1 いたす?なさる?どっちにする? <空白> Lessen #2 重ねて尊敬は敬意も2倍? <空白> Lessen #3 相手の名前を復唱するには?
Lessen #4 聞き取りづらい、どうしよう! <空白> Lessen #5 よろしいの?よろしかったの? <空白> Lessen #6 お待たせしたら正確に!
Lessen #7 何から何までお預かり? <空白> Lessen #8 お名前のほうからお伺い? <空白>